1. トップページ
  2. リバウンドをよく理解しておこう(リバウンドとは)

リバウンドをよく理解しておこう(リバウンドとは)

Presented by 「リバウンドしない真ダイエット!

ダイエットではリバウンドはやはり何回も繰り返す人がいます。

もともとリバウンドという言葉は病気の治療で治療薬をやめて、元の状態に戻ってしまったことをいいます。

それをダイエットでもリバウンドという言葉を使って、体重が元に戻ってしまうことを表わしています。

しかし現実には体重が元に戻るだけでなく、もっと太りやすい体質に変化してしまうので、今まで以上に太るという現象が起こります。

食事制限をしたときにほとんどのリバウンドが起きます。

食事制限をすると栄養も摂れずバランスもくずれます。

特に1日の摂取量を極端に減らすことで、体の方が栄養不足を補おうとします。

そこで、脂肪を燃焼しないようにして、脂肪をからだにため込もうとしていきます。

つまり、生命維持という面から体は必死に生命を守ろうと、細胞全部に代謝の少ないため込み型になるように命令を流すということなのでしょう。

一見体重は減ってきますのでダイエットが順調に起こっているように感じてしまいますが、ダイエットをちょっとでも緩めるとドカーンと太ってリバウンドということになります。

また、ダイエット中でも急に体重の減少が止まってしまうこともあります。

リバウンドの大きな原因は基礎代謝ダウンが大きいということです。

基礎代謝とは簡単に言うと座っていたり寝ていたりしても代謝は起こっています。

筋肉が多ければ、この基礎代謝も多いと言われています。

つまり、基礎代謝は年齢や体型で分かるものではなく、個人差があるということです。

しかし、その平均として1日に何もしなくても必要になるカロリーが女性で1,200キロカロリー、男性で1,400キロカロリーと言われています。

少なくとも、これぐらいのカロリーを摂らないと生命維持にはならないということです。

そして、ここまで落とすなら、相当ビタミン、ミネラルなども意識的に摂らないと、栄養不足になってしまいます。